1.赤ちゃんのおむつやお着替えひとまとめ。pomochi巾着って何?

赤ちゃんの荷物って、小さくて細々したものが多いですよね。
・オムツ
・お着替え
・赤ちゃん用水筒(マグマグなど)
・おもちゃ
・離乳食が始まれば、離乳食グッズ
etc....

これらを一つ一つポーチに小分けにして入れるのは大変。
ひとまとめで「ガサッと」入れられる袋物が欲しい!
どうせなら、pomochiリュックにすっぽり入るサイズがいいな。

というズボラ店長高橋の願望がきっかけで、pomochi巾着が誕生しました。

これが想像以上に使いやすく、ご購入頂いたお客様からも
「絶妙なサイズで本当に使いやすい」
「お出かけや旅行の時に大変重宝しています」
「保育園にも持って行ってます」
と、嬉しいお声をたくさん頂いています。

2.どれくらい荷物が入るの?


一例ですが ・オムツ(BIGサイズ)×3枚
・お着替え一組(トップス、ズボン)
・マグマグなどの赤ちゃん用水筒
・お尻拭き
・おもちゃ
などをひとまとめにガサッと入れられます。

↑外出時の赤ちゃんの荷物一式を入れた写真です。まだまだ余裕があります。

内ポケットの赤ちゃん用水筒入れは、中央ではなくあえて片側に配置しています。
水筒を入れて膨らんでも、片側だけなのでもう片側のスペースを無駄なくお使い頂けます。

3.マグマグが倒れない、こだわりの内ポケット

お客様からの声を元に、内ポケットはものすごくこだわっています。 お客様より、pomochiのアンケートで
「赤ちゃん用水筒(マグマグ)がバッグの中で倒れて大惨事になった」
というお声を頂戴しました。
「わかるーーーーー!!!」
とめちゃくちゃ同感し、試行錯誤の末マグマグが倒れにくいようにすっぽり入るゴム付きの内ポケットに変更しました。 内ポケットの生地は、日本製ナイロンオックスを使っています。
ゴムが入っているため、赤ちゃん用水筒をキュッと包み込んで大惨事を防止します。

4.いざという時のビニール袋を収納、外ポケット

外ポケットは
・赤ちゃんの洋服が汚れた時や濡れた時
・オムツ交換後
などに使う、ビニール袋やジップロックを収納しておけるサイズです。

「いざというときに、ビニール袋が底の方にあって、取り出せない・・・」

というお客様からアンケートでご意見を頂戴しました。
「わかるーーーーー!!!」
と共感し、このポケットが生まれました。
店長の高橋のバッグの底にも、いつもスーパーの袋がミイラのように干からびているので、本当に良く分かるのです…。

外ポケットには、飛び出し防止付きのスナップも付いてます。
pomochiオリジナルデザインのペンギンのタグもちょこんとついています。

5.pomochi巾着とpomochiポシェット、合体できます。

ナスカン付(取り外し式金具)のショルダー紐があれば、pomochiポシェットと簡単に連結できます。
ポシェットには貴重品
pomochi巾着にはお着替えやオムツなど、お子様の身の回り品
をそれぞれ入れて使うと、これだけでお出かけできるのでとても便利です。
pomochiポシェット以外のポシェットでも、両サイドに金具があれば取り付けられるかもしれませんので是非お試しください。
pomochi巾着は、取り外しショルダー紐があれば単体でもポシェットのようにお使い頂けます♪

6.お手入れ・洗濯方法は?

家庭用洗濯機での丸洗いが可能です。
ネットに入れて、お洗濯下さい。
型崩れ防止のため、乾燥機のご使用はお控えください。
洗濯機での洗濯にも耐えられるよう、頑丈な縫製を心がけています。
詳細はお手入れ・洗濯方法のページをご覧ください。

7.pomochi巾着のご購入はこちら

pomochi巾着は ・お好きな本体生地(帆布)
・お好きな柄生地
を組み合わせて、世界に一つだけのオーダーメイドでお仕立てさせて頂いています。
pomochi巾着 オーダーメイドページはこちらから

今までのオーダーメイド例を一部ご紹介





pomochi巾着 オーダーメイドページはこちらから



持ち込み生地を使用したオーダーメイドにも対応しています
持ち込み生地の場合も料金は変わりません。
必要生地数や、適した素材かどうかはお気軽にお問合せ下さい。

ネットで生地を購入される場合、お店から直接当店へ配送頂いても大丈夫です ※生地の送料はお客様でご負担下さい
抱っこひもリュック販売店pomochi
抱っこひもリュック販売店pomochi 抱っこひもリュック販売店pomochi 抱っこひもリュック販売店pomochi 抱っこひもリュック販売店pomochi 抱っこひもリュック販売店pomochi 抱っこひもリュック販売店pomochi
抱っこひもリュック販売店pomochi
▲トップへ戻る